ジュピ速2ちゃんねるの気になったスレッドや気になるニュースとかコピペとか。微妙なブログ目指しまs

VIP・2ch・動画...etc

ジュピ速更新履歴

NEWS

2010年09月29日 (17:08)
 コメントを見る(13件) / 書く  

講義中にキモオタが口笛吹いたことからエラいことになった

http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1285725633/
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:00:33.37 ID:J00cOmuG0

始まりは9時からの1限目、大講義室にて、講師がいつも通り講義をしていた。その講師は大学では厳格で有名で
例えば、講義中に携帯をいじっていたり、私語をしている生徒には一発で講義室からの退去を命じるほどなんだよ
当然だって思うかもしれないって人もいるかもしれないけど、そこはFラン大だから許してやってくれ

講師「時間です。じゃあ手を止めて静かに、自分の右側の人に小テストを回して、待機していてください」

キモオタ「ピューイ」←口笛

講師「・・・」
1回目は布の擦れる音でもと勘違いしたのだろうか、お咎めはなかった

キモオタ「ピュピューイ」
2回目の口笛、速攻で講師が切れた





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:02:28.22 ID:NYhDf2L30

ピュピューイww







7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:04:25.79 ID:J00cOmuG0

キモオタ「・・・」顔あげる

講師「何さっきから口笛吹いてんだ!講義中だぞ!」

キモオタ「ピューイ」
講師の制止が聞こえているのかいないのか、尚も口笛を吹くことを止めないキモオタ
もちろん端っこで一人で座っていた

講師「あ?」
講師の声のトーンがまた一段階低くなって怖くなった





8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:04:49.54 ID:r5xm9ktT0

キモオタ「ピューイ」

講師「ピューイ!」

キモオタ「ピューイ?」

講師「ピューーーーーイ!」





9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:06:03.07 ID:ANTVgLSU0

野鳥の森だ




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:06:08.09 ID:S8TBvE270

アルプスでの古典的通信手段か



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:08:04.42 ID:J00cOmuG0

ざわめき始める講義室。ざわめきというよりは、キモオタに対する明らかな含み笑いが大半だったけど
講師「いいから!他の君たちは騒がなくていいから!君だよ君!」

キモオタ「・・・」

講師「なーに知らん顔してんだ!君だって言ってるだろ!そっち行くから待ってろ!!」

キモオタ「ピューイ」

講師「おい!!!!」

講義室は今度はさっきよりも大きい笑いが漏れた





32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:10:38.84 ID:akaRFtJ2O

そのキモいの、安価行動でもしてんじゃねえの?




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:10:50.28 ID:f0qNVYfmO

ピューイwwww



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:13:33.84 ID:J00cOmuG0

ものすごい早足でキモオタの元に辿りつく講師
周りはものすごいざわついていたけど、最後の口笛でいよいよ本気で切れたのか周りには注意しなくなった

講師「君だって言ってるだろ!顔上げろ!」

キモオタ「・・・」顔あげる

講師「君ねえ、今講義中でテストなんだよ?カンニングで0点にされたいのか?」

キモオタ「・・・」

講師「ん?私何回も注意したよな?カンニングって思われても仕方がないよな。他の生徒のテストも邪魔しておいて」

口笛が聞こえたのは明らかにテスト終了後だったけど、突っ込める雰囲気じゃなかったから置いておいてキモオタへの言及は続いた





61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:19:24.66 ID:J00cOmuG0

講師「何で口笛なんか吹いたんだ?君一年生でも春学期は私の講義とっているはずだよな?
   必修科目だったし」

キモオタ「・・・」

講師「私、最初の講義の始めにはいつも言っているよな?」
講師「『私の講義では私語は厳禁です。これを守れない人は私の講義を受講する資格はありません』って」

キモオタ「あ、はい・・・」

ここに来て初めて声を発したキモオタ。周りのさっきまでの騒音でかき消されていただけかもしれないけど
明確に聞こえたのはこのときが初めてだった。講師の怒りに触れてか生徒は静かになってたし






68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:21:41.26 ID:S8TBvE270

                     \    _
                    r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
     しゃべった!!  .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
                  /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
              ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
              /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
    !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
    .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                   l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                  |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                      l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                       / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
             r―- ..__l___    `´            l   /   /: :





84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:24:19.53 ID:J00cOmuG0

講師「はいじゃなくてさ、私は何で口笛なんか吹いたのかって聞いてるの?
   わかる?私今相当君にイラついているの」

キモオタ「あ、なんか無意識に出て・・・」

キモオタは再三にわたる注意を「無意識」の一言で済ませやがった
口笛って意識的にやるもので、無意識では出ないだろうと思ってたら、案の定同じ疑問を講師が口にしていた

講師「口笛なんて無意識に出るわけないだろ!!ふざけてるのか君は!!」

キモオタ「ピューイ」

周りはもう大爆笑だった




104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[sage] 投稿日:2010/09/29(水) 11:26:24.79 ID:v1Qp0CmL0

ピューイ




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:26:29.59 ID:lFOp+72F0

ピューイ



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:29:14.70 ID:J00cOmuG0

講師「っこの!!お前はまた!!!!」バンッ!!

もうたしなめるとか叱るの域を出て、ただ怒りをぶつけているよな口ぶりだったからな
このタイミングでまた口笛吹かれて、また一段階怒りが上がった
机に片手叩きつけた

キモオタ「いや・・・だから癖で、すいません」

講師「だから癖とかで出るもんじゃないだろうが口笛はぁ!!!!」

キモオタ「・・・」

講師の大声でまたも沈黙する講義室。机に顔埋めて笑いこらえている奴もたくさんいたけど




153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:34:42.68 ID:J00cOmuG0

講師「おい!おい!!なぁ、君本当に私を馬鹿にしてるのか?うん?」

キモオタ「いや、だから違います・・・」

講師「いいんだよ、私は別に君に単位を上げなくても。講義をここまで中断させておいて。ん?わざとなんだろ?単位要らないんだろ?」

キモオタ「・・・」

またも顔を下げて沈黙の態勢に入るキモオタ。もう堂々巡りになっているような気がする
ここで講師が何かを悟ったのか、深いため息をついた




164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:36:57.74 ID:N4L3GkEe0

               _,..----、_       
              / ,r ̄\!!;へ    <
             /〃/   、  , ;i    < 諸君らが愛してくれたガルマ ・ザビは死んだ!!!何故だ!!!
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)   <   
             lk i.l  /',!゙i\ i     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /
             Y ト、  ト-:=┘i
              l ! \__j'.l
ピューイ          」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\





176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:38:29.67 ID:9aqKB/PE0

>>164
クソワロタwwwwwwwwwwwww




190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:40:51.57 ID:J00cOmuG0

講師「もういいから・・・君学籍番号と名前は?」

キモオタ「え、いや・・・何でですか?」

講師「何でですかってわかるだろ?いいから教えなさい。それとも今すぐ出ていくか?うん?」

キモオタ「・・・」

講師「あ、これ君の小テストだよな?じゃあこれ見るからもういいよ」

キモオタ「止めっ!!」

講師がキモオタの答案用紙に手を伸ばした瞬間、それまでの緩慢な動きとは思えないほどの速さで
講師の手から小テストを奪い返したキモオタ

講師「おい!何するんだ!!」

キモオタ「ピューイ」

この時点でやっぱりわざとなんじゃないかと思った。このタイミングで口笛出るかな
周りも最高の笑いの渦だった




197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:41:46.13 ID:7Y+Q2ijF0

きがくるっとる




236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:48:17.52 ID:J00cOmuG0

講師が口半開きになっていた。大人ってすごいなって思った
殴りかからないまでも手すら出ないんだもんな。多分この講師が温厚すぎるだけだと思うんだけど

講師「誰か、この子の名前知っている子いるかー?」

それまでと一転してすごい穏やかなというかいつもの講義中の声で周りに呼び掛けていた

他生徒「・・・」

この状況で呼びかけられてもそうそう言えるやつなんていないとは思った
単に本当に知っているやつがいないだけかもしれないけど





361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 12:08:35.57 ID:J00cOmuG0

講師「いないのか?それじゃあいいです。君。君の顔覚えたからな。後で教務課にチェックしに行くから」

キモオタ「だから止めてください・・・すいませんでした」

講師「まず君は何に対して謝っているんだ?講義を中断させたことか?私を馬鹿にしたことか?口笛を吹いたことか?」

キモオタ「いや全部・・・です」

講師「ふぅ・・・」

講師「もういいから、じゃあ学籍番号と名前言いなさいって」

キモオタ「え、いや、だからなんで・・・ですか?」

講師「いいから。今回のことはちゃんとしておかないといけないだろ?」

キモオタ「・・・」

またも沈黙するキモオタ





418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 12:17:47.93 ID:J00cOmuG0

講師「じゃあ、もういいです。ダメだこれ以上は君と話していても」

最初にも言ったけど一応厳格で有名な講師だったからな。これ以上講義の時間が割かれるのを
嫌ったのか、あきらめた様子で教卓に戻っていった

キモオタ「・・・」

キモオタ隣女子生徒がキモオタに話しかけていた。多分左端にいるあいつが
答案用紙を回してこないから仕方なく声をかけたんだと思う

キモオタ「・・・」フルフル

なんとキモオタは首を横に振って答案用紙を渡さなかった
周りはまたも含み笑いが聞こえたけど、講師は我関せずの姿勢で黒板消してその後に控えていた





462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 12:23:03.27 ID:J00cOmuG0

講師「全員集めたかー?」

いつもならそんな問いかけは絶対しないのに生徒たちに呼びかける講師
もちろん講師と他生徒の視線はキモオタだった
キモオタは答案用紙机に置いたまま下向いていた

講師「全員集まったみたいだな。じゃあこの小テストの結果は
   後日私の研究室の前に張り出しておくので気になる生徒は確認に来てください」

講師、明らかにキモオタに視線を向けて2~3秒静止する
周りはもう普通に含み笑いばかりだった

キモオタ「・・・」

講師「じゃあ後30分しかありませんが前回の続きやりますよ」





475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[sage] 投稿日:2010/09/29(水) 12:24:44.34 ID:G5pJNckr0

           ,,x-ー:: ":::::
        ,x '"::::::::::::::::::::
      ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ: 
    ,,x '"::::::,,、- '"     |:::
    `"i`ー'"        ヾ
      !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ 
     |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、
     ヾ::ヽ     -┴'~
      ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"
      /_    
     l    '' )    i
      ヽ,,、'~`      U
       ゙, __ ,-、_,ノ`
 |/      ゙, `'" ,,y
 |/  彡  ゙、`-'"
   /|/     i
   /        !    ,, -'"
    |     `ー '"|::
    |      /|||ヽ
          /|||||/心





500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 12:26:48.31 ID:J00cOmuG0

講師「ここは前回もやりましたね。配布資料の」

ピューイ

講師「・・・」

講師の沈黙とほか生徒の「は?」みたいな声が聞こえてきた

キモオタ「ピューイ」

周りはまた含み笑い

講師「あのさ、君さ、何でまだこの講義室にいるわけ?」

もうそこに怒りはなくて至って平静な声色だった





509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 12:27:51.50 ID:zskV+z2V0

まだ続くのかピュ-イ
はっきりしろピュピューイ





568 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 12:33:35.56 ID:J00cOmuG0

キモオタ「・・・」

講師「おーい、君だよー君ー。知らん顔すんなー」

講師はさっきは平静って言ったけど、この呼びかけには明らかに怒りの色が混じっていた

講師「6段目の君だー。無視すんなー」

キモオタも我関せずの姿勢でさっきと同じ姿勢で回収し損ねた答案用紙を眺めているようだった
最早いちいち書くまでもないんだろうけど、周りはもちろん含み笑いね。もう講義どころじゃなった




632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 12:39:58.54 ID:J00cOmuG0

キモオタ「・・・」

講師「今日はもう駄目ですね。授業になりません。後中間試験まで講義何回だ?
   もしかしたら試験前に補講入れるかもしれませんので、みなさんそのつもりでね」

さっきまでとは違った意味でざわめく講義室
テスト期間、本来休養と試験勉強にあてるはずの時間をわざわざこの1コマのために来いって言われているんだからな
誰だって嫌だろうな。小さく「は?ざけんなよ」「あいつのせい?」みたいな声は聞こえてきた

講師「仕方ありませんね。君たちだけじゃありませんよ。私だって嫌です」

この講師明らかにキモオタに非難の目を向けさせようとしているなってのが、この時ものすごく感じられた




959 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 13:06:10.03 ID:J00cOmuG0

最初にも言ったけど厳格な性格も手伝って、講義の残り時間がこれ以上無為に削られるのを嫌ったのか
キモオタは沈黙の姿勢を保ったままお開きになった。講義終了後、なんとキモオタは教卓の前に向かっていった
講師とさっきのやり取りの聞いていた続きを再開、もちろん他生徒も
他に用事ないのかって聞きたいくらいほぼ全員居残って、やりとりを騒ぎながら聞き入っていた
講師の怒号とキモオタの口笛が互い互いに聞こえてきて面白かった





128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 14:08:39.15 ID:J00cOmuG0

結局キモオタは最後まで口笛を止めなかった。講師は怒りながら次の講義あるからといって退出
去り際の一言
講師「やっぱり補講は無しにします!しかし、試験の進行速度は他のクラスに合わせますので
   このクラスはしょうがありませんね。私はこの問題には一切責任はありませんから!!
   誰に責任があるかは皆さんも分かっているとも思います!それでは!」

他生徒「え・・・」「は?」「マジなの?」

キモオタ「ピューイ」

キモオタ「・・・」
周りの非難の矛先が自分に向かないうちに退出

終わり





140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 14:11:23.90 ID:eZiA/VMa0

それは災難だったな





115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[sage] 投稿日:2010/09/29(水) 11:28:10.48 ID:iFftFvmX0


DQNはこうやって教師をからかって面白がる。



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:29:02.95 ID:E/HmdCgu0

>>115
高校までならわかるけど大学でこれは流石にありえなくないか?




139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[sage] 投稿日:2010/09/29(水) 11:31:43.34 ID:iFftFvmX0

>>120
Fラン大学なめんな。

講師が講義中に後ろむいてしゃべりまくってる学生注意したら、
「よくも恥じかかせやがったな」って、その講師を。集団で校門で待ち伏せするのが
いまのFラン大生だぞ。




146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:33:50.27 ID:1XV7ERRX0

>>139
さすがにそれはねーよwwwwww
どこの不良中学生だよwwww





147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:33:51.40 ID:rQFvDkKW0

>>139
何?その高卒の俺よりも頭悪そうな大学生





156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[sage] 投稿日:2010/09/29(水) 11:35:14.55 ID:iFftFvmX0

>>146
>>147
本当だって、、、
警備の職員が教えてくれなかったら、ほんと、オレやばかったんだから・・・



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:36:09.84 ID:rQFvDkKW0

>>156
講師はお前かいwwwwwwwwwwwwwwww





160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[[] 投稿日:2010/09/29(水) 11:36:11.42 ID:E/HmdCgu0

>>156
お前講師だったのかwwwwwwwwwwwwwwwwww




関連記事
はてなブックマークに追加 deliciousに登録 livedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 @niftyクリップに登録 FC2ソーシャルブックマークに登録 newsingに投稿 twitterでつぶやく

お勧め記事
VIPカテゴリの新着記事
コメント一覧
何のためにこのスレを立てたの
普段からこんな内容のない話ばっかしてるから頭悪くなってFランにしか行けなくなるんだ
何かと思ったら吉本新喜劇か
トゥレット症候群なんじゃないかとマジレス

そう考えると一気に欝な気分になる話に一変
まさかのオチが
喋る時に「いや」「だから」から入るのがくせになってるやつ
結構いるけど、直した方がいいよね
>>164のためのスレ
ピューイ
カワイソス
( ゚3゚)ピューイ
最後の講師に萌えた
勿論一番悪いのはピューイだけどさ、講義が遅れたのは講師にも責任あるわな
他生徒を巻き込むなよ教師を偉人と勘違いしてんの?
うるさいね、君は。後で私の研究室にきなはい。特別講義です。

とぐらい神対応すれば株は爆上げ
この話のつまらなさ過ぎさとくだらなさ過ぎさときたら...
コメントを投稿
非公開コメント

プロフィール

山本ジュピトリス

管理人:山本ジュピトリス
ジュピ速について

はてなブックマーク - このエントリーを含むはてなブックマークはてなアンテナ

記事を紹介してくれる方、ブクマしてくれる方、色々な支えありきでやってます。本当に有難う御座います。
※ジュピ速はGoogle Chromeがみやすいよ。

募金の前に・・・
Yahoo災害募金
来訪者数
ランダムで記事を見る
RSS

twitterで更新チェック
山本ジュピトリスをフォローする
最新記事
人気ページ30
ブログパーツ
月別アーカイブ
最新コメント
ニュース
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2ch
3位
アクセスランキングを見る>>
パーツ
フィードメーター - ジュピ速 ページランク
(:3)っ⌒つ
パパ、お断りして

  ハ,,ハ  
 ( ゚ω゚ )
 /   ヽ
 ||   | |
||   ||:ハ_ハ:
 し|  i |J ゚ω゚;):
 |  || ⊂´):.
  | | .| と_つ
  .し ヽJ





検索フォーム
今日の動画
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
rank

現在の閲覧者数
メールフォーム
当ブログの掲載記事・文章は2ちゃんねる掲示板からの転載です。 掲載されている文章・画像に関して何か問題があればフォームよりご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

元ネタ ドリランド アフター トリミング 見出し ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー スイットル 東京スポーツ  東スポ ブラック会社 古川機工株式会社 伝説 社名 ビフォー 価格 危険な会社 

ジュピ速
ツイートする
ブックマークする
コメントする
コメントを見る
トップへ